HOME > 品質・環境

品質・環境

品質方針

当社は、高純度金属ボロン等の半導体用および光ファイバー用高純度材料の製造および販売を行っている。この製造販売に係る全ての事業活動をISO9001に準拠し構築した品質マネジメントシステムにより、品質管理活動を推進する。

 

  1. 高純度材料を製造・販売し、半導体企業等に納入する使命により、品質管理は組織を挙げての「トッププライオリティー」とする。
  2. 日進月歩で発展するハイテク技術を支える材料メーカーという立場から高品質に留意し、常に品質マネジメントシステムの継続的改善に努力し、組織内においては、それぞれの部署が品質目標を設定し、実行する。
  3. 品質方針並びに品質目標はマネジメントレビューにおいて、その有効性を確認し、必要な場合には組織の目的に適合するよう変更する。 また、本品質方針は組織内に周知徹底する。
  4. 顧客満足を品質マネジメントシステムの最終目的と位置付け、顧客要求事項に対しては迅速に対応し、その結果を品質マネジメントシステムへ反映し、より高度な製品造りに邁進する。
  5. 企業運営の全てに於いて法令・規則を遵守する。

 

2014年8月1日

ヤマナカ セラダイン株式会社

代表取締役 團野隆夫

環境方針

企業活動において地域環境を保全する事が最重要課題であることを認識し、「地域環境との共生」を基本理念とする。

 

当社は、高純度金属ボロン等の半導体用および太陽電池ならびに光ファイバー用高純度材料の製造及び販売を行っている。この製造販売に係る全ての事業活動に起因する環境影響を認識し、ISO14001 に準拠し、構築した環境マネジメントシステムにより、環境保全活動を推進する。そのために以下を行い、環境目標を設定するための枠組みは以下の内容とする。

 

  1. 当社の環境マネジメントシステムの継続的改善及び事業活動に係る環境汚染の予防に努める。
  2. 当社の環境保全活動と製品に関係する順守義務を把握し、これらを実行する。
  3. 半導体等、その他上記用途用に当社製品の販売量を増やす事により、環境のクリーン化並びに省エネルギー化を推進させ、結果として地球環境の保全に貢献する。
  4. 継続的に環境測定を実施し、環境汚染の予防に取り組み、また環境負荷化学品の不使用あるいは使用量の削減に努める。

 

2017年10月27日

ヤマナカ セラダイン株式会社

代表取締役 團野隆夫

このページの先頭へ戻る